2018年09月10日

明日は健康診断

会社で毎年健康診断を受けることになっていますが、去年の健康診断で糖尿病の疑いありという所見が出たため、そのあとすこし食事をかえることにしました。
ご飯や麺類、パンのような糖質のおおいものを減らし、そのぶんたんぱく質と脂質をたくさんとる食事に切りかえてから、ほぼ一年がたとうとしています。
出張などで自由がきかなかったりほかのひとといっしょに食事をしたりといった、調整がむずかしい場面ではあまり気にしないことにしていますが、自分で管理できる期間はだいたい低糖質食でやってこられたと思います。
明日が健康診断で、朝からなにも食べないで東京へむかいますが、どんな結果が出ることやら・・・。
posted by hatakazu at 21:57| Comment(0) | 健康とか食事とか | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

すこしゆっくり

三週間つづいた出張ベースの動きが、昨日までで一段落したので、今日はすこしゆっくりすごしました。
さすがにつかれていたし、明後日には会社の健康診断があるので、身体の状態を回復させなきゃと思って。
まあ、直前にとりつくろっても、どうせ焼け石に水なのはわかっているのですが・・・。
一週間ぶりに病院に顔を出せたし、営業再開したお蕎麦屋さんで夕食を楽しむこともできて、ひさしぶりに日曜日らしい日曜日になってよかったと思います。
posted by hatakazu at 22:24| Comment(0) | しょもない日常 | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

台風やら地震やら

三週間連続で出張に出かけていましたが、今日帰ってきてようやく一段落となり、このあとしばらくは日本にいることができそうです。
とはいうものの、来週火曜日は会社の健康診断で、東京へ出かけていかないといけませんが・・・。
今週は台風が関西を直撃したと思ったら、北海道では大地震と、たいへんな災害がつづきました。
今年は地震やら豪雨やら、はたまた酷暑やら台風やら、人間の制御可能な範囲をこえた自然災害に翻弄される日本です。
なにかおおきな災害のニュースをきくと、個人的には七年まえの東日本大震災を、そしてそのあとの日々の生活の困難を思いおこさずにはいられません。
おそらくはいま、北海道がそれにちかい状態かと思います。
被災された地域のかたがたに心からお見舞いもうしあげるとともに、一日でもはやく復旧がすすんで日常生活を回復できるよう、お祈りもうしあげます。
posted by hatakazu at 20:42| Comment(0) | しょもない日常 | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

ルネサスがIDT買収検討、六十億ドル規模

https://www.reuters.com/article/us-renesas-idt/japans-renesas-says-considering-buying-us-chipmaker-idt-idUSKCN1LG12J
https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-08-31/renesas-near-6-billion-deal-for-integrated-device-nikkei-says

半導体大手ルネサスエレクトロニクスが、米半導体メーカーのインテグレーテッド・デバイス・テクノロジー(IDT)を買収することを検討していることを認めました。
半導体メーカーは、製造段階よりは設計段階で優位性を確保することが求められる時代になっており、IDTの買収は将来的に付加価値の高いビジネスを成長させていく戦略の一環とみられます。
posted by hatakazu at 12:54| Comment(0) | 気になるニュース | 更新情報をチェックする

2018年08月29日

第43期名人戦七番勝負第一局

井山裕太名人に張栩九段が挑戦する第43期名人戦七番勝負、8月28日から29日にかけて第一局が打たれ、黒番の井山裕太名人が中押し勝ちして幸先のよいスタートを切りました。
いやはやなんとも複雑、むずかしい碁で、見ていてもさっぱりわかりませんでしたね。
両者コウを得意とするだけに、いくつもコウが発生してむずかしい判断をせまられる局面の連続で、気がついたら黒地がおおかったという感じでした。
張栩九段は名人戦リーグを全勝でかけぬけて、井山裕太名人への挑戦権を獲得しましたが、その好調を維持しているようで今日もいい勝負だったと思います。
それでも、その張栩九段を相手にきっちりを勝ちきってしまう、井山裕太名人の充実ぶりがきわだちました。
こんなすごい第一局を見せられると、シリーズの残りの戦いへの期待も高まります。
第二局以降、井山裕太名人が優位を拡大するのか、張栩九段が巻きかえしに成功するのか、ますます注目ですね。
posted by hatakazu at 21:26| Comment(0) | 囲碁とか | 更新情報をチェックする

2018年08月25日

第156回コンサート

今日8月25日(土)、第156回コンサートでした。
今回も先生不在、またすごくひさしぶりに弦楽器だけのコンサートとなりましたが、ソロから合奏までいろんな編成の曲を組みこんだ意欲的なプログラムでした。
今回も室内楽を演奏する機会をいただきました、この夏休みに同級生で練習した弦楽五重奏曲、モーツァルトの第四番ト短調から第一楽章と第四楽章でした。
夏休みの練習会では第六番に重点をおいていたため、第四番はほとんど練習できなかったのですが、それでも学生時代から長くいっしょに弾いてきたメンバーで演奏できるのは楽しみでした。
しかし、やはり本番となると、なかなかうまくいかないものですね。
とはいえ、それなりに手ごたえの残った部分もあり、やっぱりおなじ曲をもう一回この組みあわせできちんと練習しておきたいな、という思いをあらたにしました。
それにしても、この弦楽五重奏の演奏があまりにもたいへんだったので、後半の弦楽合奏はほとんどぬけがらのような状態で弾いてましたね・・・。
posted by hatakazu at 23:35| Comment(0) | 音楽とか | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

上海の夜景

グループ会社の製品セミナーをふくむ全日程を終了、帰るまえにすこし観光でもということで、上海でいちばん有名な夜景を見につれていってくれました。

IMG_0558.JPG
たしかに、この景色は見たことがあります。
posted by hatakazu at 23:34| Comment(0) | 会社とか仕事とか | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

オランダ人の特徴について

今回の出張にはおもにふたつの目的がありましたが、そのうちのひとつは、オランダのグループ会社の製品セミナーに出席することでした。
オランダのグループ会社からひとり、そのパートナー会社からひとり、合計ふたりのオランダ人と一週間いっしょにすごしています。
今日メインの製品セミナーが終わり、お客さんも招待して夕食会が開催されたのですが、その席上オランダ人の特徴はなにかという話題になりました。
ヨーロッパにはキリスト教を背景として広い意味で共通の文化があり、そのなかでとりわけオランダ人にあてはまる(たとえばドイツ人との比較で)特徴的な性質というものがあるのかどうか、というような話の流れでした。
ふたりによれば、オランダ人はおそらく世界でもっとも率直に自分の考えを述べる民族で、組織の階層構造や相手との関係にあまり左右されることなく、いつも直接的な言葉ではっきりと意見を表明するということでした。
それは(たとえばアジア人との比較において)欧米人の一般的な特徴かと思っていたのですが、それでも国によって程度はおおきくことなり、かれらの主張するところではオランダ人はなかでも非常に率直な部類だそうです。
まったく知らなかったので、おもしろく話を聞きました。
ところで、オランダでは安楽死が法制化されており、この問題について(外国人が安楽死できる仕組みをもつスイスとならんで)もっともすすんだ意識をもつ国でもあります。
「自分で自分の最期を決める権利」「人生の最期の瞬間まで自分でいる権利」といえばふつうのことのように聞こえますが、社会としてそれを実現する仕組みをつくるのはまたべつのことで、日本でもさまざまな価値観が衝突しておおくの議論をよんでいます。
個人的な賛否をたずねるのは(とくに欧米では宗教的な背景もあって)むずかしいのですが、一般論として話をした範囲では、自己決定権を基本とする安楽死の議論とオランダの率直な国民性とは親和性が高いのかもしれないと感じました。
posted by hatakazu at 22:48| Comment(0) | 会社とか仕事とか | 更新情報をチェックする