2018年10月01日

テスラのイーロン・マスクCEOが会長職を辞任、二千万ドル支払いでSECと合意

https://www.reuters.com/article/us-tesla-musk-sec/musk-to-resign-as-tesla-chairman-remain-as-ceo-in-sec-settlement-idUSKCN1M90SY
https://www.bloomberg.com/view/articles/2018-09-30/elon-musk-sec-settlement-he-wins-but-tesla-loses
https://money.cnn.com/2018/09/29/technology/business/elon-musk-tesla-sec-settlement

最終的に断念することになったテスラ株式非公開化の表明は、結果としてたいへん高くつくことになってしまいました。
生産キャパシティ増強がなかなかうまくいかないなか、比較的短期間にかなりの資金を調達しないと、テスラの資金繰りはいきづまってしまうといわれています。
株式非公開化をめぐる米国証券取引委員会とのせめぎあいは一段落ついたかたちですが、テスラはすでに直面している次の問題に、どう対処していくのでしょうか。
posted by hatakazu at 21:27| Comment(0) | 気になるニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください