2018年09月26日

第43期名人戦七番勝負第三局

井山裕太名人に張栩九段が挑戦する第43期名人戦七番勝負、井山裕太名人が二連勝しての第三局が、9月25日から26日にかけて打たれました。
なんとか三連敗はさけたい張栩九段が、白番で序盤から有利に打ちすすめましたが、黒番の井山裕太名人も局面を複雑化させてまぎれをもとめます。
地合いで先行した張栩九段としては安全に勝つ道もありそうでしたが、けっきょくきびしく競りあう展開を選び、戦機をつかんだ井山裕太名人が追いあげてまったくわからなくなりました。
かなりいい勝負のままヨセにはいったところで、井山裕太名人にミスが出てちいさな損を重ねてしまったようで、最終的には張栩九段が四目半を残して逃げ切りました。
張栩九段はようやく一勝をかえして第四局以降にかけることになりますが、これまでほぼ五年にわたって井山裕太名人に勝ててなかったとのことで、この五年ぶりの勝利に勇気づけられて今後の戦いかたがかわってきそうですね。
コウのからんだ複雑な戦いがつづくこのシリーズ、井山裕太名人が連覇に王手をかけるのか、それとも張栩九段が二勝二敗のタイにもちこむのか、第四局はおおきな山場となりそうです。
posted by hatakazu at 21:54| Comment(0) | 囲碁とか | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください