2018年08月02日

爪で悩む

足の親指の爪、両端がまきこむような形状になっていて、その部分が皮膚に食いこんでいってしまうことがあります。
かつて一度、ひどい状態になったことがありました。
端のほうを短く切りすぎたうえに、いちばん角の部分に切り残しがあって、そこが刃物のように突出していたんですね。
親指が痛いなとは思っていたのですが、気がついたらそれが皮膚にどんどん食いこんで、炎症を引きおこして膿が出てしまっていたのです。
それから、端のほうを短く切らないように気をつけていたつもりだったのですが、先日ひさしぶりに右足親指でこの状態になってしまいました。
出張中だったので困ったなと思ったのですが、ホテルにもどってくるたびにすこし端っこを浮かすようにして休めていたら、炎症はすこしずつおさまってきました。
このまましばらく伸びるまで放置して、次は端のほうが短くなりすぎないように、注意して爪を切らないといけません。


posted by hatakazu at 21:39| Comment(0) | しょもない日常 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください