2018年03月21日

ネクタイピンがもどってきた

昨日はお客さんと夕食でした。
こっちが四人、むこうが関連取引先もふくめて八人で、合計十二人の食事会。
その食事会がみょうにもりあがって、終わったあと二次会にいきましょうかという流れになり、hatakazuたち四人が宿泊しているホテルのラウンジにお客さん六人といっしょになだれこむことになりました。
お客さん六人のなかに担当の女性がいたのですが、このひとがたいへんに酔っぱらってしまい、ちょっとこまった状態になってしまいました。
hatakazuがちょっと用事があって一階へおりていくさい、エレベータをまっているところでいっしょになったのですが、そこでなぜがいきなりネクタイを引っぱられて・・・。
一階で用事をすませたときに、ネクタイピンがなくなっていることに気づきました。
ずいぶん昔のことですが、hatakazuが大学へ入学したときに、おばさんから記念にいただいたもの。
そういうわけで、ちょっとなくしたくないものだったので、一階と三階のエレベータ周辺を見たのですが見あたりませんでした。
酔っぱらってもいますしね、まあしかたないよなと思って、そのときはあきらめたのです。
しかし今朝、おなじ三階で朝食をすませてエレベータをまっているときに、ドアのそばになにかあるのが目にはいりました。
ひょっとしてと思ってよく見ると、hatakazuのネクタイピンがそこにありました。
一度はあきらめたのですが、なんとそのあとにもどってきて、ちょっとした記念の意味もある品物だっただけにうれしかったです。
posted by hatakazu at 23:58| Comment(0) | しょもない日常 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください