2019年05月06日

米中貿易戦争、あらたな局面へ

https://www.reuters.com/article/us-usa-trade-china/trump-ratchets-up-pressure-on-china-threatens-tariff-hikes-idUSKCN1SB0KP
https://www.bloomberg.com/opinion/articles/2019-05-06/trump-s-trade-threats-hurt-u-s-more-than-china
https://edition.cnn.com/2019/05/05/politics/trump-china-additional-tariffs/index.html

順調にすすんでいるといわれていた米中貿易交渉は、あらたな局面に突入しているもよう。
トランプ大統領は、現在10パーセントの関税がかかっている2000億ドルの輸入品について、関税を25パーセントへ引きあげる可能性を表明。
それに加えて、現在関税がかかっていない3250億ドルぶんについても、25パーセントの関税を発動する考えがあることを強調した。
合意へとむかっていた交渉のなかで、中国がわが対応を硬化させて再交渉を引きだそうとする動きを見せたことに対して、あらかじめ牽制する意図があると考えられる。
米国市場における中国製品の競争力を奪う反面で、最終的には米国消費者へ転嫁されることで米国経済への影響も避けられない対中関税強化策、トランプ大統領の真意はどこにあるのか、今後の展開に注目です。
posted by hatakazu at 22:40| Comment(0) | 気になるニュース | 更新情報をチェックする