平成から令和へ

ぼくにとっては、昭和から平成へと引き継がれた三十年まえにつづく、二度めの改元の経験となる。
平成から令和へ、日本人以外のひとにとってはなんの意味もない、たんなる時間につけられた名称の変更にすぎない。
しかし、確実にひとつの時代が終わり、そしてあらたな時代がはじまった。
明仁殿下の退位のお言葉、ご退室まえに振りかえられたお姿、万感こもった最後の一礼の尊さ。
そして、徳仁殿下の即位のお言葉を聞いていると、日本人として生まれて今の時代を生きることの幸せを思わずにはいられない。
ぼくもこの機会にあらためて、日本と世界の平和と幸せを、その言葉によせてともに祈りたい。

日本経済新聞YouTubeチャンネルより
天皇陛下「国民に心から感謝」 退位礼正殿の儀全編
新天皇陛下「剣璽等承継の儀」 神器など受け継ぐ
「国民を思い 国民に寄り添う」天皇陛下のお言葉
posted by hatakazu at 11:07| Comment(0) | しょもない日常 | 更新情報をチェックする