2018年11月27日

ティロ・フェヒナーの結婚

朝起きてパラパラとニュースをチェックしていたら、ザ・フィルハーモニクスのヴィオラ奏者、ティロ・フェヒナーが結婚したという記事が目にはいってきた。

「へえ、ティロ・フェヒナー結婚したんだ。日本人だって。中谷美紀ってひと、知ってる?」

と、なんとなく妻に聞いてみたところ、

「いやいやいや、それ、ぜんっぜんちがうからっ! まっっったく逆だからっ、コメントの方向が!」

とのこと。
というわけで、妻に教えてもらった、このニュースに対する正しい反応はこれ。

「へえ、中谷美紀とうとう結婚するんだ。国際結婚だって。ティロ・フェヒナー? ウィーンフィルのヴィオラ奏者とかっていわれても、知らないよね~。」

日本人のほとんどは中谷美紀を知ってるし、99.9パーセント以上はティロ・フェヒナーを知らないでしょ、というのが妻の見解。
んじゃあ、ぼくは「ほとんど」にも「99.9パーセント」にもはいらない特殊な日本人ってわけだ、光栄だね。
それはそうとザ・フィルハーモニクスについていえば、何年かまえに放送された来日コンサートがすごく楽しくて、すぐにファンになりました。
そのころはティボール・コヴァーチがファースト・ヴァイオリンで、アンサンブル全体の独特の音程感とリズム感に魅了されました。
ザ・フィルハーモニクスは今年も来日し、12月14日(金)から16日(日)にかけて、東京、埼玉、神奈川あたりでコンサートを開くらしいですね。
聞きにいくのはむずかしいけれど、きっとまたテレビで放送されるでしょうから、それを楽しみにまちたいと思います。

Diary | Miki Nakatani - 中谷美紀オフィシャルサイト

あらためてブログを拝見しました、たいへん立派な活躍をされている女優さんで、結婚報告の記事もすてきな言葉がならんでいました。
おふたりの末永いお幸せ、ならびに今後ますますのご活躍を、心よりお祈りもうしあげます。
posted by hatakazu at 22:48| Comment(0) | 音楽とか | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

第44期天元戦五番勝負第三局

井山裕太天元に山下敬吾九段が挑戦する第44期天元戦挑戦手合五番勝負、井山裕太天元先勝のあと山下敬吾九段が星をかえして、一勝一敗でむかえた第三局が11月23日(金)に打たれていました。
結果は白番の井山裕太天元が中押し勝ち、防衛に王手をかけましたが、今シリーズは三局連続で白番が勝利をおさめているのがおもしろいですね。
しばらくあいだが空いて第四局は12月10日(月)に予定されていますが、順番からいけば山下敬吾九段が白番で勝って最終第五局にもちこむのか、それとも王座戦でも復調を感じさせる井山裕太天元が黒番で決着をつけるのか。
山下敬吾九段も好調を持続しているので、結果の予想はできませんが、ただただ楽しみですね。
posted by hatakazu at 21:54| Comment(0) | 囲碁とか | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

第66期王座戦五番勝負第三局

井山裕太王座に一力遼八段が挑戦する第66期王座戦五番勝負、一力遼八段の先勝のあと井山裕太王座が一勝をかえして、タイでむかえた第三局が11月19日(月)打たれました。
黒番の井山裕太碁聖が序盤からペースをにぎり、打ちやすそうな局面をリードしつづけて、一歩もゆるまず押しきった感じの一曲でした。
大石どうしの戦いは、意味のわからない難解な読みあいでしたが、井山裕太王座に一日の長がありました。
これでシリーズ成績は、井山裕太王座の二勝一敗、防衛に王手がかかりました。
しかし、一力遼八段としても、ここは意地をみせたいところ。
11月30日に打たれる第四局は、シリーズのハイライト、力のはいった戦いが期待できそうです。
井山裕太王座は、そのまえに11月23日、山下敬吾九段との天元戦第三局もあるんですね。
posted by hatakazu at 22:35| Comment(0) | 囲碁とか | 更新情報をチェックする

第66期王座戦五番勝負第二局

井山裕太王座に一力遼八段が挑戦する第66期王座戦五番勝負、一力遼八段の先勝を受けての第二局が、11月17日(土)打たれていました。
週末はいそがしくしていたので、すっかり忘れていましたが・・・。
結果は、白番の井山裕太王座の中押し勝ち、一勝をかえしてシリーズ通算成績をタイにもどしました。
このふたりの戦いらしい、難解な読みあいの碁でしたが、井山裕太王座の強さが目だちました。
碁聖および名人を立てつづけに失冠、ほんらいの調子ではないのかもしれませんが、この第二局は気持ちよく打てたのでは。
やはりこのひとが強くないと、と思わせられます、また国際棋戦での活躍も見たいですね。
posted by hatakazu at 21:04| Comment(0) | 囲碁とか | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

パーヴォ・ヤルヴィのインタビュー

NHK交響楽団の首席指揮者であるパーヴォ・ヤルヴィが、指揮者という仕事、組織管理術やコミュニケーション手法などについて語っていました。

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO36961230W8A021C1000000
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO37276010S8A101C1000000
posted by hatakazu at 21:32| Comment(0) | 音楽とか | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

第43期名人戦七番勝負第七局

井山裕太名人に張栩九段が挑戦する第43期名人戦七番勝負、井山裕太名人の三勝一敗から張栩九段が二連勝して三勝三敗とし、最終決着となる第七局が11月1日から2日にかけて打たれました。
結果は、白番の張栩九段が勝って、シリーズ通算四勝三敗で名人位を奪取。
とてもむずかしいながらじゃっかん黒よしかとおもわれるヨセ勝負のなか、井山裕太名人にめずらしくゆるみがでて、その機を的確にとらえた張栩九段が抜けだしたという碁だったらしい。
碁聖につづいて名人のタイトルを失い、五冠に後退した井山裕太名人の調子が心配されるところではありますが、ここは張栩新名人の返り咲きを祝福したいと思います。
ほんらいは台頭してくる井山裕太名人に対して壁として立ちはだかるべき世代、しかし井山裕太名人の躍進を防げないまま後退し、あっというまに七冠独占を許してしまいました。
それに対する責任をもっとも感じてきたひとりが、張栩新名人だと思います。
そしてもうひとりは、きっと山下敬吾九段でしょう。
第44期天元戦で井山裕太天元に挑戦中、第二局まで終わった現時点で一勝一敗、こちらも白熱した戦いになっており目がはなせません。
posted by hatakazu at 16:13| Comment(0) | 囲碁とか | 更新情報をチェックする