2018年03月14日

第65回NHK杯テレビ囲碁トーナメント準決勝第二局 井山裕太NHK杯対今村俊也九段

志田達哉七段が余正麒七段をやぶって決勝戦への進出を決めましたが、反対がわの山の準決勝戦は、本命中の本命ともいうべき井山裕太NHK杯と好調を維持するベテラン今村俊也九段の顔合わせとなりました。
今村俊也九段は、山田規三生九段、山下敬吾九段、黄翊祖八段、柴野虎丸七段と連破しての準決勝戦進出で、勝ってきた相手の顔ぶれを見るだけでも充実ぶりがつたわってきます。
本局も、黒番の今村俊也九段が井山裕太NHK杯を相手に積極的に仕掛け、局面をリードしていこうとする姿勢が目立ちました。
中盤に白の大石を追いこんでいったあたりでは、ひょっとして井山裕太NHK杯の大石を捕獲して、決勝戦進出を決めるかと思わせるところもありました。
しかし、最後は井山裕太NHK杯が逆転、NHK杯連覇をかけて志田達哉七段と戦うことになりました。
見ごたえのある碁でした、hatakazuはこういう戦いは得意ではないので、ずっとどきどきして見ていました。
それにしても、井山裕太NHK杯はどんな碁でもけっきょく勝ってしまいますね。
その意味で、決勝戦も井山裕太NHK杯の優位は動きませんが、hatakazuは志田達哉七段の応援にまわろうと思います。
志田達哉七段の冷静に最後までじっくりねばる棋風は、がっぷり四つに組んで切りあう棋風よりも、井山裕太NHK杯に対して勝機があるような気がします。
いずれにしても、今年度最後の一局、楽しみな組み合わせになりましたね。
残念ながら、出張の関係でリアルタイムでは観戦できないのですが(どっちにしても録画放送ではありますが)・・・。
posted by hatakazu at 22:19| Comment(0) | 囲碁とか | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

トランプ大統領、ブロードコムによるクアルコム買収に禁止命令

https://www.reuters.com/article/us-qualcomm-m-a-broadcom-merger/president-trump-halts-broadcom-takeover-of-qualcomm-idUSKCN1GO1Q4
https://www.cnbc.com/2018/03/13/trump-blocks-broadcoms-qualcomm-takeover-concerns-about-china-5g.html
http://www.bbc.com/news/business-43380893

安全保障上の脅威なのか、5G技術開発をめぐる主導権争いなのか。
もちろん、安全保障と経済は切っても切れない関係にありますが、自国の安全と経済を最優先する姿勢はぶれませんね。
posted by hatakazu at 21:04| Comment(0) | 気になるニュース | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

東日本大震災から七年

2011年3月11日から七年がたちました。
そのころhatanakaは、東京転勤にともなって仙台をはなれ、千葉県松戸市に住んでいました。
妻もおなじ時期に転勤になったため、住んでいた仙台の借家は引き払いましたが、妻は2010年年末には仙台勤務にもどっていました。
そんなこんなで、東日本大震災のときは妻は仙台に、そしてhatakazuは松戸にいる状態でした。
地震があった時間は、hatakazuは東京オフィスの会議室にいて、お客さんと打ち合わせをしているところでした。
揺れの感じから、遠くで大きな地震がおこったようだ、ということはすぐにわかりました。
会議室でテレビをつけてみていると、東北地方で大地震とのこと、そして沿岸部でコンテナが津波にさらわれるようすが流れはじめました。
会社からはすぐに帰宅するよう指示が出て、hatakazuは柏市に住む同僚といっしょに社用車で六号線を走り出しました。
しかし、当然ながら幹線は大渋滞で、まったくすすみません。
松戸市の自宅につくまでにおよそ八時間、同僚は柏市の自宅につくまでにさらに二時間かかったそうです。
そのあいだも、妻の携帯電話に連絡していましたが、つながる気配はありません。
翌日朝になってもまったくつながりませんでした。
おそらくは無事でいて、ただ電話がつながらないだけだということは、頭のなかではわかっていました。
しかし、そうはいっても無事を確認しないことには、いてもたってもいられません。
そういうわけで、翌土曜日のお昼から、車で仙台へむかうことにしました。
高速道路は閉鎖されているので、下道を走っていくしかありません。
四号線を北上している途中で、福島の原子力発電所の事故のもようがラジオで流れはじめました。
そのため、進路を左にとって山を越え、山形県のほうからまわって仙台へはいることにしました。
途中で二時間ほど仮眠をとって、なんとか仙台の妻の家についたときには、松戸市を出てからちょうど丸一日たっていました。
妻は無事で家にいて、停電がつづくなかで携帯電話の電池を節約するため、つながるはずのない地震直後からずっと電源をおとしていました。
なんというか、まあ、冷静な判断です。
hatakazuなら、どうせつながらないとわかっていても、あちこちに連絡をとろうとこころみていたでしょう。
そして貴重な電力を浪費して、それでもだれとも連絡がつかなくて、途方にくれていたことでしょう。
そんな妻が、hatakazuが丸一日かけて東京から到着したときに口にしたのは、「おそかったねえ」というひとことでした。
脱力・・・。
あれから七年がたちましたが、被害のひどかった沿岸部、そして福島原子力発電所の周辺では、まだまだたいへんな生活をつづけているひとがたくさんいます。
かんたんに被害を総括することはできないし、楽観的に復興を語ることもできません。
ただただ七年まえのあの日の、そしてそれ以降のできごとに黙して思いをいたし、今後の事態の好転を祈るのみです。
posted by hatakazu at 11:45| Comment(0) | しょもない日常 | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

散髪

だいぶ髪がのびてきていたので、今日は散髪へいってきました。
三週間つづけて出張の動きになっていて、一週間が終わったところですが、今日いかないと来週末はまったく時間がないので。
あと二週間このままというのは、さすがにどうかなあということで、今日いこうと思っていたのです。
ちょっとすっきりして帰ってきて、そのあとゆっくりお風呂につかって、しっかりストレッチをして。
明日からまた出かけますが、今日一日はしっかりリフレッシュできて、よかったです。
posted by hatakazu at 22:28| Comment(0) | しょもない日常 | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

あずけ荷物のなかにバッテリーが・・・

朝早くおきて空港へむかう日でしたが、なんだかぼけぼけしていたようで、ちょっとめんどうなことになってしまいました。
カウンターでチェックインして荷物をあずけ、手荷物検査と出国手つづきを終え、ビジネスラウンジへむかったところ・・・。
ふつうなら、搭乗券を見せたらすぐにラウンジへ案内してくれるのですが、カウンターで搭乗券をチェックしてなにやら相談しています。
なにかと思ったら、「あずけ荷物のなかにバッテリーがはいっているので、この座席番号のひとがきたら止めておくように」という連絡がきていたようです。
そういえば、携帯電話を充電するためのモバイルバッテリーをいれたまま、スーツを収納したような記憶がよみがえってきました。
朝ホテルの部屋でパッキングしたときも、空港のカウンターでチェックインしたときも、まったく念頭に浮かんでこなかったのですが。
再入国してバッテリーを取りだすのは、手つづきがめんどうだし時間もかかる、処分してよければ鍵を渡してほしいとのこと。
安いものだし、安かったからこそでしょうが、性能も使いがってもいまひとつ。
処分してもらって、またあたらしいのを買えばいいやと思ったのですが、そこでふと「kobo auraも荷物のなかに閉じこめているかも」と思いだしました。
ねんのため、手荷物のなかを見てみると、いつもの場所にはいっていません。
やっぱり・・・、ということで、めんどうではありますが再入国してバッテリーとkoboを救出することにしました。
手つづきがとてもめんどうで、まあ航空会社のひとがやってくれるわけなんですが、とても手間と時間がかかりました。
さっきパスポートに押してもらったばかりの出国印には、取り消しマークがつけられ、搭乗券もいったん廃棄されました。
ようやく検査場にたどりついて、あずけ荷物を開封したところ、バッテリーはもちろん、やっぱりkobo auraもはいっていました。
ほんと、救出できてよかった。
そういうわけで搭乗券を再発行してもらって、あらためて手荷物検査の列に並び、二度めの出国手つづきへ。
航空会社のかたには、たいへんご迷惑をおかけしました。
このところ慣れもあって、けっこうぼけぼけと移動しているので、すこし緊張感をとりもどさないといけないなと思いなおした今日このごろでした。
posted by hatakazu at 21:42| Comment(0) | 会社とか仕事とか | 更新情報をチェックする

2018年03月07日

第30期女流名人戦三番勝負第二局

藤沢里菜女流名人の先勝を受けての第二局、藤沢女流名人の黒番、矢代久美子六段の白番でした。
途中、白のほうが打ちやすそうに見えていましたが、結果は藤沢女流名人の三目半勝ち。
二連勝で女流名人位を防衛、二連覇を達成しました。
なんだか苦しそうに見えていても、いつのまにかもりかえしてしっかり勝ちきる、けっきょくのところ強いということなんでしょうね。
形勢はゆらいでいたのでしょうが、あとからゆっくり棋譜をおいかけるぶんには、どっちが勝っているのかわからない状態が長くつづいておもしろかったです。
矢代六段はひさしぶりのタイトル戦登場だったそうですが、来年もまたがんばってほしいですね。
posted by hatakazu at 23:17| Comment(0) | 囲碁とか | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

第55期十段戦五番勝負第一局

三連覇を目ざす井山裕太十段に、村川大介八段が挑戦する、囲碁十段戦の五番勝負がはじまりました。
なんだか最近、国内棋戦では負けないんじゃないか、という気配もある井山十段。
タイトル挑戦手合での連勝も、もうかるく二桁にたっしているとか・・・。
そういうわけで、なんとなく負けそうにない感じがする井山十段ですが、今日の第一局は黒番の村川八段が優勢に打ちすすめていたと思います。
左下のかたちがうまく決まって、中央を強く切ったあたりでは、かなり白をおいこんでいるように見えていました。
しかし、ここから井山十段が本領を発揮、大石どうしの攻め合いをコウにもちこんで切りぬけてしまいました。
うーん、形勢が苦しくなってしかたなく強く戦っているうちにこうなったのか、あるいは苦しいなかにも光明が見えていてそこへ導いていったのか。
hatakazuていどの棋力ではさっぱりわかりませんが、今日わかったのは、ちょっとくらい優勢になったからといってもそこから井山十段に勝ちきるのはそうとうにむずかしいということ。
村川八段にとっては、もちろんきびしい五番勝負になることはわかっているわけですが、それでもチャンスでもあることはまちがいないので、第二局以降まきかえせるかどうか楽しみに見守りたいと思っています。
posted by hatakazu at 23:08| Comment(0) | 囲碁とか | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

入念にストレッチ

ここしばらく出張ベースの動きがつづくことになりますが、そんなときに気をつけたいのが体調管理です。
hatakazuはかつてものすごく身体が弱くて、というかへんに体調をくずすことがおおくて、一年に数回はかならず高熱を出して寝こんでいました。
そのたびに復活するまで一週間ていどかかり、そのあいだはほぼ使いものにならない、という状態だったのです。
子供のころの話じゃありませんよ、ほんとに三十代なかばまでこんな感じで、そういうものだと思っていた部分もありました。
しかし、就職して規則正しく寝起きするようになって数年がたってみると、ふとあまり高熱を出さなくなっていることに気がついたのです。
生活習慣の改善により、身体の状態がよくなって、体調をくずしにくくなったのだと思っています。
働きはじめて十年以上がたったこのごろでは、かつてのように一週間ずっと寝こんでいるというようなことは、ほぼまったくなくなったといってもいいほどです。
そういう意味で比較的元気に働いていられるのですが、出張中はちょっと気をつけないと、不調を感じることがままあります。
やっぱり環境とリズムが変わるので、それを敏感に察知するのでしょうね。
というわけで出張中に心がけているのは、ぬるめのお風呂にゆっくりつかって、そのあとストレッチをしてから寝ることです。
飛行機での移動がおおいと、長時間動かせない足に疲労がたまってくる感じがするし、いわゆるエコノミークラス症候群の危険性も高まります。
それに対する改善策として上記したお風呂→ストレッチを採用しているわけなのですが、そのおかげかすとんと眠りにおち、翌朝すっきり目がさめるということがおおいですね。
とくに昨日は、ちょっと疲れている感じだったので、いつもよりすこし時間をかけて入念にストレッチ。
今日もおなじパターンで、すこし大事をとってゆっくり休んで、明日からは全力で動けるようにしたいところです。
posted by hatakazu at 20:35| Comment(0) | 会社とか仕事とか | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

第65回NHK杯テレビ囲碁トーナメント準決勝第一局 余正麒七段対志田達哉七段

個人的にとても楽しみにしていたカードですが、hatakazuの期待どおり志田達哉七段が勝って、井山裕太NHK杯対今村俊也九段の勝者と決勝戦を戦うことになりました。
囲碁というゲームを評するにいろいろな表現があるかと思いますが、hatakazuが好きなのは、正確ではありませんが「最後に相手よりちょっとだけ地があれば勝つゲーム」というものです。
大切なのは「最後に」という部分です。
相手も得しようと思って打ってるわけですから、自分だけ一方的に得できるわけではなく、得することもあれば損することもあるのが囲碁というゲームです。
しかし、hatakazuのような未熟者は目先の損得に気をとられて、「最後に」相手よりちょっとだけ地があれば勝ちだということを往々にして見失っています。
そんなhatakazuにとって、志田達哉七段の碁はとても勉強になる、ある意味お手本のような碁です。
最後に相手よりちょっとだけ地があることを目ざして、息長くじっくり戦っていく、その特徴がよく出た一局だったと思います。
反対の山からは、大本命ともいうべき井山裕太NHK杯が勝ちあがってくるのか、それとも絶好調のベテラン今村俊哉九段が待ったをかけるのか、来週も楽しみですね。
posted by hatakazu at 23:06| Comment(0) | 囲碁とか | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

もう三月か

三月にはいりました。
もうあと一ケ月で第一四半期も終わり、第二四半期がはじまるわけですね。
と思って一月~二月をふりかえってみると・・・。
まあ春節休みとかの関係もあるのですが、数字はあがらないわいろいろ問題は発生するわで、かなりたいへんな時期でした。
三月末までの動きはだいたい決まっているので、第二四半期以降をみすえて、四月からすこし立てなおしていかないといけませんね。
posted by hatakazu at 20:46| Comment(0) | 会社とか仕事とか | 更新情報をチェックする