2019年05月10日

インテルが10nmプロセスおよび7nmプロセス製品の投入計画を発表

https://newsroom.intel.com/news/2019-intel-investor-meeting/#gs.aw0qz9
https://www.engadget.com/2019/05/08/intel-ships-volume-10nm-in-june/
https://www.anandtech.com/show/14311/intel-process-technology-update-10nm-server-products-in-1h-2020-accelerated-7nm-in-2021
https://wccftech.com/intel-10nm-2019-and-7nm-2021-confirmed-xe-gpu-launch-2021/

インテルがロードマップを発表し、10nmプロセスを採用したプロセッサを今年6月から投入開始、来年にかけてサーバ用途のプロセッサも発売予定であることをあきらかにした。
インテルでは10nmプロセスの開発がおくれており、それにともなって需要が集中した14nm世代の生産能力が追いつかず、結果としてプロセッサの供給不足が価格高騰へとつながったといわれている。
さらには、このプロセッサの供給不足がメモリの供給過剰による値くずれを誘発、深刻な半導体不況の原因となったという見方もある。
しかし、ここにきて10nmプロセス製品の投入計画が明示され、さらには7nmプロセスを採用した製品の2021年投入予定も発表されたことで、業界全体がそれにあわせて準備をはじめることはまちがいない。
posted by hatakazu at 08:16| Comment(0) | 気になるニュース | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

米中貿易戦争、あらたな局面へ

https://www.reuters.com/article/us-usa-trade-china/trump-ratchets-up-pressure-on-china-threatens-tariff-hikes-idUSKCN1SB0KP
https://www.bloomberg.com/opinion/articles/2019-05-06/trump-s-trade-threats-hurt-u-s-more-than-china
https://edition.cnn.com/2019/05/05/politics/trump-china-additional-tariffs/index.html

順調にすすんでいるといわれていた米中貿易交渉は、あらたな局面に突入しているもよう。
トランプ大統領は、現在10パーセントの関税がかかっている2000億ドルの輸入品について、関税を25パーセントへ引きあげる可能性を表明。
それに加えて、現在関税がかかっていない3250億ドルぶんについても、25パーセントの関税を発動する考えがあることを強調した。
合意へとむかっていた交渉のなかで、中国がわが対応を硬化させて再交渉を引きだそうとする動きを見せたことに対して、あらかじめ牽制する意図があると考えられる。
米国市場における中国製品の競争力を奪う反面で、最終的には米国消費者へ転嫁されることで米国経済への影響も避けられない対中関税強化策、トランプ大統領の真意はどこにあるのか、今後の展開に注目です。
posted by hatakazu at 22:40| Comment(0) | 気になるニュース | 更新情報をチェックする

2019年05月04日

独自性あふれる企業文化について

6 Inspiring Employee Handbook Examples - Nasdaq.com

それぞれに強烈な印象をもたらす、六つのカルチャーが紹介されている。
けっきょくのところ、従業員の一人ひとりを価値ある大人として遇する、というところに尽きるのだろうか。
社会のなかでほかの人びととつながり、その複雑な関係性を生きていくということは、みずからのもつ創造性を発揮して、問題を解決していくということと同義だ。
実社会のなかでみずからの自由と責任においてそれを実行している一人ひとりの大人が、会社という組織に属したとたんに小人に対するような規則にしばられ、その創造性を発揮できないままに能力と人生の時間をむだにしつづけている。
そういう状態から抜けだし、最重要経営資源としての従業員の一人ひとりが能力を最大限に発揮できるように、大人として当然もつべき自由と責任を会社という組織のなかにおいてももたせる。
そのマインドセットの転換が、せまられているのかもしれない。
posted by hatakazu at 14:07| Comment(0) | 会社とか仕事とか | 更新情報をチェックする

2019年05月02日

「KindleGen」を使ってepub形式電子書籍をmobi形式に変換(続)

「KindleGen」プログラムを使用して、koboで読んでいたepub形式電子書籍をkindle用のmobi形式に変換するにさいして、有用な情報があったのでサイト情報を追加しておく。

MobileRead Wiki
MobileRead Wiki - KindleGen
MobileRead Wiki - KindleUnpack

平成から令和へ

ぼくにとっては、昭和から平成へと引き継がれた三十年まえにつづく、二度めの改元の経験となる。
平成から令和へ、日本人以外のひとにとってはなんの意味もない、たんなる時間につけられた名称の変更にすぎない。
しかし、確実にひとつの時代が終わり、そしてあらたな時代がはじまった。
明仁殿下の退位のお言葉、ご退室まえに振りかえられたお姿、万感こもった最後の一礼の尊さ。
そして、徳仁殿下の即位のお言葉を聞いていると、日本人として生まれて今の時代を生きることの幸せを思わずにはいられない。
ぼくもこの機会にあらためて、日本と世界の平和と幸せを、その言葉によせてともに祈りたい。

日本経済新聞YouTubeチャンネルより
天皇陛下「国民に心から感謝」 退位礼正殿の儀全編
新天皇陛下「剣璽等承継の儀」 神器など受け継ぐ
「国民を思い 国民に寄り添う」天皇陛下のお言葉
posted by hatakazu at 11:07| Comment(0) | しょもない日常 | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

第57期十段戦五番勝負第四局

井山裕太十段に村川大介八段が挑戦する第57期十段戦五番勝負の第四局が、今日4月19日(金)打たれました。
途中までは黒番の井山裕太十段が打ちやすそうだと思ってみていましたが、白番の村川大介八段が粘りづよく戦って中押し勝ち、初めての十段位獲得となりました。
井山裕太十段は碁聖位、名人位につづく失冠、四冠に後退ということになりました。
しかしそれにしても、「もっといい手があったと思うがわからなかった。全体的にきわどい場面は多かったと思うが、結果としてものにできなかったのがいまの力。一から出直し、力をたくわえてまた戻ってこられたら」という言葉は、ほんとうに井山裕太十段らしいと感じました。
捲土重来を期すあらたな挑戦に、注目したいと思います。
posted by hatakazu at 21:54| Comment(0) | 囲碁とか | 更新情報をチェックする

2019年04月18日

「iPhone SE」後継機の可能性

An Apple iPhone XE is in the making for Q3 2019
Apple Could be Manufacturing iPhone XE, The Successor of iPhone SE, in India
Apple Supplier Reveals Surprisingly Small New iPhone

その名も「iPhone XE」とか。
ぼくは会社で「iPhone SE」を使っていますが、あまりにも取りまわしがいいので、個人携帯のほうもおなじ「iPhone SE」にかえようかと検討したこともあるほどです。
じっさい「iPhone SE」のサイズ感は独特で、それを気にいっているんだけど後継となる機種が出ないため、ずっと使いつづけているひとはおおいと思います。
毎年Appleの新製品発表会のまえになると、この話題についていろいろ噂は出るのですがけっきょく実現はしておらず、とくに去年の方向性を見ているともう可能性はないように感じられていました。
しかし、ここにきてなんだか現実味をおびた情報が飛びかいはじめています。
製造拠点にかんしても、先日iPhoneフラグシップモデルの製造を開始すると報道されたFoxconnインド工場ではなく、インド政府「Make in India」イニシアチブの資金援助にもとづいて安く生産できるWistronインド工場になるとの情報が出ており、エントリーモデルとしての「iPhone XE」の位置づけを考えるとありそうな話です。
Foxconnといえば、郭台銘(Terry Gou)会長が台湾総統選挙への立候補を表明、中国との関係や経済協力のありかたを問う選挙戦となりそうですね。
posted by hatakazu at 22:45| Comment(0) | 気になるニュース | 更新情報をチェックする